ホームページ

経営者の時間の作り方【タイムマネジメント】

投稿日:09/16/2017 更新日:

Vol.886

 先日、商工会青年部の用で宮島の弥山(みせん)という山にロープウェイ&山頂まで登山!してきました^ – ^

 撮影を行うために山頂まで行きまして、私はそのお手伝い( ^ω^ )で一緒に登ったんです。

 

体力ないな〜

 ロープウェイで途中まで登った後、山頂まで約30分の登山。「ハァハァ」、「ヒーヒー」(笑)言いながら登りました。いやぁ、やっぱ、『体力ないな〜ヽ(´o`;』ってのが実感です。

 最近は、できるだけ毎日3㎞〜ぐらいは走るようにしているのですが、

  • タバコは吸う
  • 酒は飲む
  • 日々、座ったまま

という、本当に運動と縁がない生活をしているので、

※写真のワンちゃんのようにだらけた生活(笑)

メチャクチャ体力がない!!

そんなふうに感じました(>人<;)

 

経営者は健康が大切

 経営者となると、健康ってメチャクチャ重要ですよね。自分自身の家族のこともあるし、従業員を雇っていれば、従業員の方たちの生活もかかっている。もちろん、お客様にご迷惑をかけるわけには絶対に!いけません。

 そう考えると、経営者である私たちにとって、【健康】ってすごく大切なもの。そのためにも、

  • 適度な運動
  • バランスのとれた食事
  • 体を休めること

これが大切になりますね!

 でも、実際はそんな『時間が取れない!』って嘆く経営者さんが多いんです。

 じゃあ、経営者であるあなたが、『どうすれば時間がとれるのか?』

 

経営者のタイムマネジメント

 よくセミナーとかがある『タイムマネジメント』。まぁ、最近の流行りです。経営者や管理職の人間が、どういうふうに時間を上手に使うか!?ということをやるわけです。

 ポイントは3つ!

  1. 自分のスケジュールを把握する
  2. 任せるものは任せる
  3. ツールを利用する

 一言で【タイムマネジメント】なんていいますが、私からすれば、タイムマネジメント=時間の管理なんてできっこない!と思っているので^ – ^(笑)【セルフマネジメント=自分自身を管理】という言い方がの方がいいのでは!?なんて思っていますが、、、

 ということで、あなた自身の1日のスケジュールをまずはしっかりと把握することが大事。どこの時間にどれぐらいの時間を作りたいのか!?を明確にするためですね。

 そして、時間を作り出すためには、あなたの仕事を『部下に任せたり』、『ツールを利用して省いたり』することが必要

 例えば、私の場合は、基本的に営業というものを【ホームページ】や【ダイレクトメール(DM)】というツールを利用し、自分自身で営業訪問をしたりするという無駄な時間を省いています。

 自社のホームページなどを作るということは、そういった部分であなたの時間を作る!ために必要なことでもあるわけです。

 ぜひ、うまく活用してくださいね!!

向上心創出コンサルタント

滝原雄太でした。

 

PS:その前に、まずはあなたの1日のスケジュールの確認を忘れずに!!( ^ω^ )

-ホームページ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ホームページのどこをなおしたらいいの?【ホームページ制作】

Vol.896  先日、五日市商工会青年部のメンバーの森井旅館さんのホームページの修正を行いました( ^ω^ ) →森井旅館さんのホームページはこちらから!  ホームページのお直 …

あなたに合うものを選択してますか?【ウェブ制作】

Vol.861  先日、諸事情がありまして、弾丸ツアーで家族3人、実家の石川県金沢市までレンタカーで帰りました!  所要時間は、広島から金沢まで約8時間!そこから、私の父の実家まで約2時間ほど。合計1 …

no image

ホームページで一番肝心なこと【ホームページ制作の方法】

Vol.879 Contents1 ホームページ制作において、一番肝心なことは? 2 ホームページ制作で最も重要なこと 3 流れを作るとは? 3.1 More from my site ホームページ制 …

どこでどうやってあなたの商品・サービスを【伝える】の?

Vol.889  先日、私が所属します五日市商工会青年部のメンバーで、広島市佐伯区五日市のコイン通りにある焼肉屋さん『匠(たくみ)』さんに、青年部のメンバーとお食事に( ^ω^ )  病み …

ホームページをリニューアルする前に【ホームページ制作】

Vol.870  先日、弊社の名刺をリニューアルするにあたり、ロゴを一新しました!!  3つの球が繋がっているデザインなのですが、イメージとしては、弊社がクライアントさんとクライアントさんのお客様を繋 …