コンサルティング

経営者にありがちな姿【経営の姿勢】

投稿日:

Vol.859

 今年の4月から保育園に通い出してより一層喋るようになった息子。毎日毎日いろんなことをおねだりしてきます!(笑)先日も、妻に粘土でいろんなものを作ってくれ〜(>人<;)とお願いしていました。それで、妻がいろいろ作ってご機嫌に^ - ^(笑)

 今はまだ自分の頭の中で伝えたいことがなかなか言葉にならないけど、だんだんとはっきり言えるように成長していくんだろな〜( ^ω^ )

 

伝え方が9割

 3年ほど前に話題になった本、【伝え方が9割】

 もしかすると、ブログの読者のあなたも読まれたかも!?しれません。

 コピーライターの著者がご自身の経験から、どうやって相手に伝わる文章を作っていくのか?ということについて、非常にわかりやすい具体例や書き方で書かれている1冊です。

 もし、読まれていない方がいらっしゃいましたら、すごくサクサク読める本ですので、一度お読みになってみてください(*≧∀≦*)

 この本の中で、著者がはじめに書かれていたものが、

1)自分の頭の中をそのままコトバにしない

2)相手の頭の中を想像する

ということ。

 もちろん、これ以外にも大切なことがたくさん書かれていましたが、世の中にある多くのチラシやホームページ、ブログなどを見ていて、上記の2点に本当に気をつけなければいけない!!とつくづく感じます。

 

伝え方が上手い人と下手な人の違い

 できる営業マンとそうではない営業マンの大きな違いは、この【伝え方】の違い。これは、モテる人とモテない人の差でもあります

 

 モテない人や営業が苦手な方って話を聞いていると、

  1. 自分の思ったことをすぐ口に出す
  2. 相手のことを考えていない

ことが非常に多い!!で、こちらがそれを指摘したとしても、「いや、僕(私)はちゃんと考えているよ!」と必ず言います(T ^ T)

 でも、そうやって【言い訳】する人に限って、、、

周りからは全くそういう目で見られていません!!

 これって、経営者の方も同じ。経営者の方もいつの間にか、

  • お客様のことを考えていない
  • 従業員のことを考えていない
  • 家族のことを考えていない

という穴に落ちてしまいがち、、、(´o`;

 これでは、気づいた時には時すでに遅し、、、という状態になりかねません!!

 

素直に受け入れる器を持つ

 穴に落ちて大変なことになる前に、私たち中小零細弱小企業の経営者は

もっともっと人の話を聞こう!!

 毎日毎日、目の前の仕事がありますが、ほんの少しだけ時間をとって、

・従業員の方と話をしてみる

・家族とじっくり話してみる

・経営者仲間と話をする

そういった姿勢があなたが穴に落ちるのを防いだり、深くまで落ちる前に這い上がってこれるきっかけになるわけです。その時は、あーだこーだ言わずに、人から言われたことをまずは実践してみること!これが、あなたを経営者として成長させる一番のコツですよ^ - ^

 ぜひ、【素直な気持ち】を忘れずに・・・

向上心創出コンサルタント

滝原雄太でした。

 

 

 

 

 

-コンサルティング

Copyright© あなたが主役の世界を作り出す【株式会社ビジョン・コンサル】 , 2018 All Rights Reserved.