ウェブマーケティング

あなたの商品・サービスが売れる法則【TPO】

投稿日:

Vol.826

 先日、私が住んでいる広島市佐伯区五日市で、お祭り『夜市』が行われました^ - ^ 私は3年ほど前から、広島市佐伯区の五日市商工会青年部(45歳以下の経営者もしくは後継者の集まりです。)に入っていますので、青年部で毎年『夜市』にお店を出店しております。

 もちろん、先日も青年部でお店を出店しました!毎年、子供達を対象にしたくじ引きや射的、輪投げなどをするのですが、その景品のおもちゃで人気が高かったのが、、、

 この『光るメガネ!!』

 ほら、なんとな〜く、楽しい感じ(パリピな感じ!)に見えてきませんか!?

 

TPOを考える

 商品やサービスを売る時って、よくTPOを考えろ!って言われます。まぁ、販売だけでなく、様々な場面で考慮しなければならないことですよね^ - ^ このTPOとは、

「T」はタイム=時間。つまり、売る時間を考えろということ。

「P」はプレイス=場所。つまり、売る場所を考えろということ。

「O」はオケィション=場合(オポチュニティ=機会といわれることもある。)。つまり、売る場合を考えろということ。

 例えば、先ほどの『光るメガネ』。あれがおもちゃ屋さんに普通においてあったとしても、おそらく子供達は買ったりしません。なぜなら、

◇明るい時間帯では目立たない=時間が悪い

◇おもちゃ屋さんに来る子供達は年齢が低いので、興味を持たない=場所が悪い

◇普通におもちゃ屋さんにあっても、楽しい感じがしない=場合が悪い

となるからです。逆に夜のお祭りなんかにあると、暗い時間帯で、そのメガネをしていたら目立つし、中学生ぐらいの子供達でも、浴衣とか甚兵衛を着ながら友達と一緒にメガネをしていると、ちょっと楽しい気分になります。

 こんなふうに、あなたの商品・サービスを売る時も【TPO】をしっかり考えなければなりません。

 

何から改善していくか?

 で、この【TPO】の話を企業計画作成セミナーなどで計画作成のためのツールとしてお話しすると、休憩中の時間やセミナー終了後に、

sadうちのお店は『場所』が悪いと思うのですが、今から移転しようと思ってもそんなのは無理です。そういう場合はどうしたらいいんでしょうか?」

と相談に来られる方がいらっしゃいます。

 お気持ちはわからなくもないですが、

どうして1つのことにイチャモンをつけて、直せるところを直そうとしないのですか?

 私は先のような質問をして来られた方には、このように聞き直すことがあります。飲食店や小売店の場合、確かに『場所』の問題は大きです。ですが、『場所』のせいにして何も変えないのは、もっと愚かなことです。

 例えば、

◇売る時間帯を変えてみる=これまでより、1時間長く営業してみるとか、昼間の営業を始めるなど。

◇売るパターンを変えてみる=売り出すものを変えたりする。

といったことであれば、すぐにできます。そう、必ずあなたにもすぐに取り掛かって、その効果を測定できることが必ずあるはずです。

 

できることから少しずつ

 何かを売る時、別にお金をかけなくてもできることはたくさんあります。このようにブログをするのも一つの手です。現代社会はそういう意味でいうと、非常に恵まれています。そのようなすぐにできることをしないのに、なんでも周りのせいにするのはよくありません。

 経営者であるあなたにできることは、「考えて行動すること」

 その際の「考える」っていうところで、どうしてもどうやって考えればいいのかわからないから、そのためのツールとして【TPO】というものがあるわけです。

 さぁ、これを読んだあなたはどうしますか!?

→ツールをうまく使って、できるところからやる!?

→今までと同じ!?

選ぶのはあなたです!!

 

向上心創出コンサルタント

滝原雄太でした。

 

PS:メルマガ登録のお知らせ

 

 

登録はこちらから

 

 

こちらにお名前とアドレスをご記入いただき、返信メールでメルマガ登録いただきますと、折り返し特典のダウンロードアドレスが入ったメールが届きます。
Email *

お名前

 

 

 

 

 

 

 

 

 

* 必須項目

-ウェブマーケティング

Copyright© あなたが主役の世界を作り出す【株式会社ビジョン・コンサル】 , 2018 All Rights Reserved.