ウェブマーケティング

Facebookの使い方【ウェブマーケティング】

Facebook利用しています?

SNS(ソーシャルネットワーキング)がこれだけ普及した現代社会。mixi(ミクシィ)が発端となり、現在ではTwitter(ツイッター)、Facebook(フェイスブック)、Instagram(インスタグラム)などなど…。あなたもきっといろんなSNSを利用しているのではないでしょうか??その中でも、『Facebook』を利用している人が多いのでは?

現在、日本国内でのFacebookの利用者数は約2700万人ほど。主な利用者層は30代・40代の層。日本では、海外と異なり、20代のFacebookの利用が低いのが特徴。(アメリカなどでは20代の9割以上がFacebookを利用している。)

 

                        ※総務省『ソーシャルメディアの普及がもたらす変化』より

最近では、いろんな形でFacebookを利用されている方が多いです。

 

Facebookをどう利用するか?

Facebookをビジネスで利用する場合、一番気をつけなければならないことが、過度な売込みをしない!ということ。Facebookはプライベートなもの。そのような中で売込みをされるとあなたはどう感じますか?

例えば、あなたが休日に家でゆっくりとしている時、ピンポーン(≧∇≦)って家のチャイムがなり、いろんな営業マンが来たことを想像してみてください。

 ※イラストはイメージです(笑)

ものすご〜く、いやでしょ!?Facebookで売込みを見るのもこれと同じようなイメージです。ですから、まずはこのFacebook上で過度な売込みをしない!ということを肝に銘じてください。

では、どうするのか?? ポイントは3つ!!

(1)Facebookは写真や動画と情報発信(140字以内で)

Facebookでは相手に見てもらう!ために写真や動画が大切です。さらに、常に多くの情報が流れていくので、長い文章は嫌われます。というか、そんなに読んでくれません(ーー;)。できれば140字という30秒程度で読める分量が最適です。

(2)売込みや情報が長くなるならリンクを貼る

Facebookでは売込みをすると相手から嫌われてしまいます。あなたの商品やサービスの写真と簡単なコメントを掲載するのはOKですが、そこにお問い合わせなどを記載するのはNGです!!ですが、どこに問い合わせしたらいいの??と相手が思うこともあるかもしれません。そこで、あなたのホームページやブログのアドレスを貼り付け、そちらに飛んでもらうようにしましょう!その際の一言は、『ホームページでも色々紹介しています』とか『ブログでも情報発信中』といった言葉。これなら売込みがないでしょ?

(3)コメントはちゃんと返す

Facebookのコメントは非常に重要。これはFacebook社自体が推奨していることです。なぜなら、コメントをするということは、その記事に対して真剣に対応している証拠。ちゃんと読んでくれているわけですね(^O^)/そんな相手を無下にするような形で、『いいね!』だけを押したりって対応はNG!!ちゃんとコメントを返しましょう\(^o^)/さらに、このコメントにはいい効果がありまして、コメントされる記事は、Facebookの投稿記事(タイムラインといいます。)の一番上にすぐに上がってくるわけですね!このように最近では『いいね!』だけ押されても、情報の拡散力がなくなってしまいました。

 

Facebookの今後

現在でも、このFacebookに代わる新たなSNSが登場したら、一気にユーザーが流れる!と言われています。Facebook社としてもその辺は十分理解しているようで、Instagramを買収したりとその場その場の対応策はうっています。しかし、これだけSNSが全世界に広まり、日常化した現在、ユーザー側は新たな形を求めているのもまた事実。

そこで!これからどうなるのか?という視点で見た時、SNSというツールは『人と人とのつながり』が一番のポイント。おそらくFacebookもこの『つながり』というものをもっと強化していくと考えられます。

ただいまこの瞬間だけを見るのではなく、あなたも常に先を予測しながら、今のツールを利用して行ってくださいね!

滝原雄太でした。