ホームページ

ワードプレスって何がいいの?【ホームページのコツ】

WordPress(ワードプレス)の歴史

最近人気のワードプレス(WordPress)。当サイトもこのWordPressを利用させていただいています。実はこのシステム、10年以上前にアメリカとイギリスのの2人の開発者が当時のブログサイトが使いにくかったため、「じゃあ、自分たちで作ろう!」という事で始めたもの。

 

 

 

 

 

 

そして、この開発者のお二人が『オープンソース』、つまり誰でも改良、再配布を行うことが許可されているサイト!ということで、世界中の方たちがこのWordPressをどんどん進化させていっている優れたツールなんです。このWordPressの前身が2003年ごろに公開され、それからどんどんと世界中に広まっていきました。日本語に対応し始めたのが2006年ごろ。実は当時はWordPress MEと呼ばれるものでした。それが2010年に統一され、現在の形となったのです。

WordPressの特徴

先ほどの歴史的背景でも書いた通り、もともと開発者が「いいブログツールを!」という理由で始まったものですので、基本的には、現在(2017年3月時点)世界一のブログツールです。ただ、プラグインといういろんな機能を追加する小さなプログラム等により、ホームページとして十分すぎるものが作成できます。そういったわかりやすく、かつ本格的なサイトを作ることができることから、このWordPressはこれだけ人気が出ているわけです。

WordPress使うメリット

現在、世界最大の検索サイト『Google』では、ユーザーに『有用で信頼できる情報を提供する』ということを主眼において、検索した時の表示結果を日々改良しています(これをアルゴリズムの変更と言います。)ですので、情報発信する側(例えば、企業など)は、日々ユーザーの役に立つ情報を、様々な形(ブログ・画像・動画など)で発信していかなければなりません。そうしないと、ユーザーが検索しても検索の上位に表示されないから。

そこで!このWordPressは、簡単にブログを書いたり、画像や動画を貼り付けたりすることができる点で、非常に相性がいいわけです。加えて、多くのWordPressユーザーが、日々ためになる情報をいろんな形で発信し続けているので、GoogleなどもこのWordPressを無視することはできないわけです。

WordPressはいくらお金がかかるの?

そんな優れたツールであるWordPress、じゃあ、あなたが気になるのは一体いくらお金がかかるの?」という点ですね。

まず、先ほども書いたように、このWordPressを使うこと自体はお金はかかりません。ただ、

⑴ 記録しておくための箱(=サーバー)

 パソコンなどで、様々な情報を保管しておくために、ハードディスクというものがあるように、ネット上の情報も何かに保管しておかなければなりません。その役割を担うのがサーバーです。以前はこのサーバーというものをあなた自身が準備しておかなければいけませんでしたが、現在ではレンタルサーバーというシステムで、非常に安く準備することができます。(安いもの月300円ぐらい〜)

⑵ ホームページの住所(ドメイン)

 私たちの自宅に住所があるように、ホームページにも住所があります。それが『ドメイン』といわれるもの。で、このドメインが同じものにならないよう、管理しているところ(レジストラと言います)があり、そこに対して、あなたが使いたいドメインを「使っても大丈夫〜??」と尋ねなければならないわけです。それを代行しているのが、ムームードメインなどの会社なわけです。このドメインは、それぞれ金額が異なり、安いもので月100円程度からあります。

このようにワードプレスを利用するために、最低でもドメインだけはお金がかかってしまいます。サーバーについては、無料で利用できたりもする方法もありますので、ぜひいろいろ調べてみてください!