経営者のための良書

広告の反響が悪い時、プロが最初にすること

投稿日:

広告やチラシ、ホームページの反響が
イマイチ悪い、、、

そんなとき、
「見出し」の1行を変えるだけで、
その反響が2倍3倍になるとしたらどうしますか?

実はそれは「よくある」ことなんです。

広告の権威の中には、

”見出しで8割決まる”

と言っている人もいるぐらい
見出しの影響は大きいもの。

ちょっとこの例を見てください。
これはあるお菓子屋さんの広告見出しの例です。

現代広告の心理技術101 P154
=====================
(悪い例)
当菓子店の最新の逸品を試食してください!

(良い例)
チョコレート好きのみなさんへ。

3キロのファッジ・デビル
ボルケーノ・パイにかぶりつこう。

もちろん無料!
======================

こんな風に、ちょっとした変更で
簡単に改善できることがよくあります。

そしてちょっとした変更で
広告の反響は驚くほどかわるのです。

この本には、もっとたくさんのサンプルと、
どうやってそういった見出しを作るかのステップが載ってます。

http://directlink.jp/tracking/af/1404561/OhCZrcqd/
「現代広告の心理技術101」

-経営者のための良書

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

出会って10分で「好かれる」方法

Vol.911   思い浮かべてください… あなたは今、経営者が集まる交流会にいます。 人数は100人ほど。 セミナーが終わった後の懇親会。 立食形式のパーティーです。 主催者 …

稼ぐ社長の本棚にある本

GOETHE(ゲーテ) 幻冬舎が2006年から発行している 人気のビジネス雑誌。 この編集者が あることを発見したそうです。 彼は仕事柄、経営者の部屋を訪れ 取材をする機会が多かったのですが うまくい …

1日に48時間使える人は読まないでください

もしあなたが一日を自分のスケジュール通り過ごし、 思ったとおりの成果をあげている時間管理の達人ならこの本は必要ないでしょう。 でももしあなたが ・毎日12時間ヘトヘトになるまで働いて ・会議や同僚や部 …

高収入は不幸になる!?

2010年 アメリカで 興味深い研究結果が出ました。 発表者は、米プリンストン大学の ダニエル・カーネマン教授。 ノーベル経済学賞を受賞した 有名な心理学者です。 彼が見つけたのは 「収入が高くても幸 …

最初は問題だらけでした、、、しかし

1996年4月。 中学の教師である原田隆史先生は、 教師生活最後となる 大阪市内の公立中学に赴任しました。 原田先生の赴任した当時この学校は、 数多くの問題を抱えていました。 暴力、タバコ、いじめ、 …